2017年03月23日

フライボールのススメ(ディスクドッグ編)

いよいよドグタウン工房のフライボールチームが立ち上がりました。

フライボールというドッグスポーツは、ディスクに比べて馴染みが少ないかもしれません。
フライボールは、ドッグスポーツで唯一団体戦になります。
4つのジャンプ(ハードル)を超えて、約15m先にある専用のフライボールボックスからボールをキャッチして
そのボールを咥えたまま、また、4つのジャンプを超えてスタートラインに戻ってきたタイムを競うスポーツです。
4頭の犬が1つのチームとなってリレー形式で行います。

世界記録は、なんと14秒台という、ものすごいスピードです。
1頭の犬が3秒台で30m走ってしまうのですから驚きです!
そして、日本記録は、16秒863です。

世界中で行われているスポーツですが、特に盛んなのはアメリカ、カナダです。
インドアで行われるレースが多いですが、日本ではなかなか難しい状況です。

もし、興味のある方は、「フライボール」「Flyball」でググってみてください。

と、ここからが本題です。
私は、このフライボールは、ドグタウンでフライボールを始めるにあたって、アメリカよりパム・マーチンを迎えたセミナーから参加しました。
バルカが1歳の時です。
幸いボール大好きなバルカは、フライボールが大好きになり、バルカに引っ張られる形で参加するようになりました。
普段、もの静かなバルカが、フライボールになると興奮して、バウバウ吠えてテンションがあがります。

そして、フライボールを始めて、あることに気がつきました。
当時、バルカは集中力がなく、ディスクの大会でも脱走したり、ヤル気がなかったり、ちゃんとキャッチしない状態が続いていました。
せっかく能力のある犬なのに、それを発揮出来ていない。
それが、フライボールをすることによって、ディスクに良い結果が出ている。
クリアな良いドライブが生まれているのでした。

そして、戻りが良くなるのも始めてよかったことです。
ディスクは、どうしてもキャッチしたらお仕事終了。
キャッチするまでは、全速力で走る犬も戻りはゆっくりなんてことも。

他にも、まっすぐに走れる。ターンが速くなった。。。などなどがあります。


今、ドッグスポーツ界では、「クロストレーニング」という言葉が注目をあびています。
ひとつのドッグスポーツだけをするのでなく、色々なドッグスポーツを経験させてあげる。
それにより、上記に書いたようなメンタルでの好影響があるし、色々なスポーツをすることによって、違う筋肉を使うことで、怪我のしにくい体を作ることができます。

今度の土曜日9:00~BBフィールドで体験会&見学会があります。
よかったら、お出掛けください





Posted by サマンサ at 21:05│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
フライボールのススメ(ディスクドッグ編)
    コメント(0)