2016年08月15日

EC2016その1

9月9日~11日にチェコで行われるヨーロッパ選手権に参戦します。

いよいよ1ヶ月をきり、気持ちだけが焦る毎日です。
このヨーロッパ選手権は、アメリカで始まったディスクドッグがヨーロッパに渡り、2004年からYachiこと平井さんをジャッジとして招へいし始まったゲームです。
最初の何年かは、ドイツが勝っていましたが、2010年からはチェコ、そして、2013年Yachi、2014年ルツカ、2015年Shaunと日本人が勝っています。
このゲームは、ヨーロッパ各地から150チーム以上が集まるビッグゲームです。
エントリー開始からすぐにエントリー数が上限に達してしまうため、まずはエントリーするのも大変なゲームとなっています。
優柔不断なワタシは、どうしようかな~なんて思っているうちに締め切られてしまいます(汗)
ところが、Shaunの計らいでどうにかエントリーに間に合いました。

では、なぜECにエントリーしようと思ったか?ですが、実力もないし、お金もたくさんかかるし、仕事の休みもとらなきゃならないしと、それはもう悩みました。
実は、昨年も誘われていましたが、まずアメリカ(USDDN)が先でしょ、ってことで見送り。
そこで参戦したUSDDNという国際大会でのスケールの大きさを感じとったのでした。
そして今年。
いつも身近にShaunやLuckaからヨーロッパの話を聞いていたこと、ヨーロッパ選手権は、その年によってヨーロッパ各地で開催、今年はLuchaの故郷チェコで開催ということ。
この世界中で愛されているディスクドッグという競技をヨーロッパ中そして中国からプレーヤーが集まるゲームを見たかったこと。
その中には名だたるヨーロッパのトッププレーヤーも参戦するとのこと。
そして、なんと日本から、ドグタウンファクトリー全チーム(Yachi,Shaun,Lucka、Kosuke,Mona)が参戦、これは、自分の目で見なきゃでしょ、ってことで行くことを決定。
と、すっかりギャラリー目線でのヨーロッパ行きでしたが、このヨーロッパ行きを決断したことから、私のディスクドッグプレーヤーとして新たな展開が始まったのでした。

・・・続く






Posted by サマンサ at 19:48│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
EC2016その1
    コメント(0)