2016年08月11日

ワンワンウォークラリー

土曜日は、ワンワンウォークラリー&カニクロスレースでした。

当日は、前橋の最高気温35度。
さすがの赤城山も暑かった。けど、日陰や2時過ぎには、涼やかな風が吹き、高原らしいさわやかな1日でした。
心配していた雷雨もなく、無事に終了しました。

この日のために、春から、何回も前橋市との打ち合わせや、スタッフミーティング、看板や備品の調達、作成、会場整備等準備をしてきました。
特に会場整備は大変な作業でした。
会場は、手付かずの自然公園。最初は、ここでイベントなんて出来るの~?という草が生い茂った場所でした。
その1.5kmのコースと本部周辺の草刈りは、木村さんを中心にスタッフ手作業で行われました。
おかげで素晴らしいコースとなりました。


ちゃんとした道に見えますが、元はクマザサが生い茂ってました

まず、朝一番のイベントはワンワンウォークラリーです。
コース内に置かれた箱の中から、スタンプを見つけて、配られたカードに押していきます。
15個スタンプを集めるとアンマーリードがもらえます。
制限時間は1時間。ほとんどの人が15個スタンプを集めていました。


こんな景色の中、愛犬と歩きます。

お昼は、ワンワンウルトラクイズ、ディスクドッグ体験、ドッグダンス、フリースタイルのデモが行われました。


他にも、リードやタグ、イヌゾリグッズの販売、アニマルカイロなどのブースも出ていて、こちらも人気がありました。
のんびりとしたスケジュールで、愛犬家同士のコミュニケーションや、たまたま通りかかった人たちのとの交流なども楽しいひと時でした。

午後は、カニクロス
これは、ヨーロッパで人気のドッグスポーツで愛犬とコースを走りタイムを競うものです。
足に自慢のランナーのエントリーで、1回目からハイレベルなレースとなり、会場を沸かしていました。



私はビッツァーとなぜかこれにエントリー
1.5kmなんて、歩くのも儘ならないのに無謀なチャレンジです(笑)
スタートすると、前を走る犬に釣られてビッツァーは私を引っぱってくれます。
ビッツァーと森の中を走るのは、なんか一体感があって、なかなか楽しいものです。
ああ、これだからヨーロッパで人気あるんだな~と参加してみて実感。
なんだか前を走るビッツァーが頼もしく思えました。
私はタイムは最初から諦めているので、せっかく作ってくれたコースを楽しみながら、疲れたら歩いて回りました。
そして、ヘトヘトになりながらゴール。
なんとも言えない達成感があって、ちょっぴり出たアドレナリンが妙に気持ちの良いレースでした。


ワンワンウォークラリー&カニクロスは、参加者の思いっきりの笑顔が印象的な素敵なイベントとなりました。
今から、来年が楽しみです。
参加された皆さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました



Posted by サマンサ at 01:10│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ワンワンウォークラリー
    コメント(0)